スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛・地球博 開催から1年です 

 2005年3月25日……
 一年前の今日 愛・地球博がはじまったんですね

 もう一年 まだ一年
  愛・地球博のことは、きっと何年経っても忘れないと思います。

 3月の会場は寒かったことを覚えてます。ユニフォームは春夏用ですから、長袖の下にババシャツ着込んだり、見えない努力(?)をしたものです。

さくら

 一年の前の桜の景色
 今はどうなっているのかが気になる今日このごろです

スポンサーサイト

知らなかったなー 

 「グローバルループの床板プレゼント」

 こんな企画があったんですね。まったくノーチェックでした。
 気づいた時には募集期間はとっくに終わってました…

 当選された方、おめでとうございますー!
 

ありがとう 愛・地球博 

 本屋で、こんな本を見つけました。

ありがとう 愛・地球博

 愛・地球博の185日間に、来場者に、スタッフに、愛・地球博のいろいろに「ありがとう」
 というメッセージと写真の本です。

 ぼくは、愛・地球博での仕事。そして、このブログとBBSで「ありがとう」の言葉が大好きになりました。

 またみなさんに言ってもいいですか?

 みなさん。このブログとBBSを見てくださって、ありがとうございます!

長久手町万博消防署 

 くんぷうの「愛・地球博の思い出」

 とくに理由はないんですが、くんぷうは消防車が好きなんです。
 火事災害事故…あらゆるケースに対応する目的のために作られ、あらゆる機能を準備万端に備えている特殊で特別な車。という雰囲気に惹かれるのかもしれません。
 そんなぼくが万博スタッフとして会場に通う中で、万博消防署の前を通ることは楽しみのひとつでした。

 長久手会場のコモン5の下には、博覧会協会の管理棟があったんですが、そこに長久手万博消防署がありました。
 スタッフ関係者のゲートから歩き管理棟に入る入り口と並んで、消防署の車庫がありました。
 車庫にはポンプ車はもちろん、はしご車、指揮車、救急車、救助工作作業…
 派出所クラスじゃなく、消防署クラスの消防車が勢ぞろいしていて、とても頼もしくて、かっこいい~と思ってました。

 幸いにも期間中に消防車が活躍するのは主に消防のデモンストレーションの時だけでしたが、
 消防士さんは防災設備の保全チェックや、万が一のために救助避難進路の確認のためにパビリオンをまわっているのを何度も見かけましたね。
 そんな万全の対策があったからこそ、愛・地球博が成り立っていたのではないかと思います。

 万博会場でなくても、街を守っている消防車、消防士さん。
 これからも、がんばってください!

~関連サイト~
シグナル オフィシャル サプライヤーズ HP
 消防リポート/長久手町万博消防署

長久手町HP 万博消防署

三菱未来館の壁 

 三菱未来館の外壁は、緑化壁面でした。
 緑が成長し、緑でふさふさになっていく壁を見て、日々の経過を感じていました。

 ちょっと写真を振り返ってみましょう
桜と緑になってきた三菱未来館
桜と三菱未来館
 4/9…はじめの頃は、この壁はずっと土色だったんです。
 それが、春になって暖かくなってきた頃になって、緑が生えてきました。

緑ふさふさ三菱未来館

5/19…月は替わり、風薫る5月…新緑の季節になると、壁の緑がふさふさに育ちました。
 「三菱未来館」のロゴを隠してしまうほどでした。

三菱未来館、刈り込まれる

 5/27…この日の朝、きちんとロゴのまわりだけ刈り込まれているのを発見。

▼その後も緑はたくましく壁を彩り、草はのび、ツタがからんでいきました。

▼そして…閉幕の日を迎えた三菱未来館

 9/25…最後に見た三菱未来館です。
 もうこの頃には、緑を刈り込むこともやめていたようで、成長したツタがロゴを隠してしまっていますね。なんだか小さい甲子園球場みたいです(笑)
 この写真は朝の9時前に撮ったのですが、アーリーオープンしていて、すでにお客さんの列ができていました。
 三菱未来館は、リピーター人気もよかったパビリオンだったなーという印象です。

 壁が成長するパビリオン…今思うと企業パビリオンの中では「自然」をよく表現した館だった気がします。
 ちなみに、ぼくは、ワカマル2号くんのボケっぷりと、1号くんの棒読みなツッコミが大好きでした。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。