スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さあて、明日の会場のお天気は? 

 愛・地球博に行く前に、お天気のチェックは大切ですぞ
 会場のピンポイントお天気情報ならコチラです

Exiciteエキサイト:天気
 長久手会場一円の天気
 瀬戸会場一円の天気
「服装チェック指数」が便利です。

Yahoo!天気情報
 「愛知青少年公園」

BIGLOBE天気予報
 愛・地球博の天気

…参考
 名古屋地方気象台ホームページ

スポンサーサイト

くんぷうが選ぶ「愛・地球博ガイドブック」 

 3/18までに発売している愛・地球博の各ガイドブックを買って見てみた感想を書いてみます

★くんぷうのオススメは
DSC00896.jpgTokaiWalker愛知万博&名古屋新名所MAP2005
 会場のエリアごとの拡大地図を載せて、地図の隣ページにエリアの説明がある、というページ構成をしていて、読みやすいです。
 パビリオンに内容を見ながら道順を検討したい人にオススメしたいです。
 ただひとつ、タバコを吸う人には、喫煙所の情報が載っていないです。

★大きな地図が欲しい人に
 愛知万博ぴあ
 上記のTokaiWalkerと比べて情報の違いは、こちらはトラムと自転車タクシーの乗り場と、喫煙所が載っています。
 とにかく地図がデカいです。
 エリアごとの地図が見開きでドーンと載ってます。
 だから、パビリオン名の文字も大きいので老眼鏡いらずかもです(たぶん)
 レポートを書くためにメモの書き込みをしたい人にはオススメです(笑)
 もうひとつのポイントは、名古屋の主なエリア(名駅、栄、藤が丘駅)のガイドマップが載っていること。
 博覧会のついでに名古屋の街を歩きたいと思っている人にもオススメです。

★値段が手ごろで、コンパクトな
 万博ぴあMAP
 なんたって500円のワンコイン。サイズはA6版でコンパクト。
 上記の「愛知万博ぴあ」の地図をそのままサイズを小さくしています。
 広げて見る航空写真の会場全体図がマニア的にポイント高いです。
 これは好みの問題かもですが、会場内の地図が拡大すぎな気がします。
 パビリオン紹介ページと地図が完全にわかれて載っているので、いまいち使いにくいように思いました。
 パビリオン紹介はポイントだけです。

★子供も大人も
 公式ガイドブック ジュニア版
 具体的な会場MAPはありませんが、
 ガイドが小学生向けの内容で、イラストも多いし、紹介はポイントがすごくわかりやすいです。
 会場見学のコース提案があったり、
 ロボットが会場のどこで見れるのかを紹介していたり、
 読んでいると本当に会場に行くのが楽しみになります。

★パビリオンの内容をより詳しく知りたいならば
公式ガイドブック
 さすがに公式のガイドブックです。
 各パビリオンの紹介は一番に詳しいです。
 ネットをめぐってみて、もっと知りたいと思ったなら、こちらをどうぞです。
 
×ハズレ
昭文社 アクセスMAP 
 これは絶対に買ってはいけません。
 今時、広げるタイプの道路地図は使わないでしょう?
 内容は、名古屋で配っている「アクセス道路MAP」とほぼ変わりません。意味ないです。

万博会場アクセス方法 めも 

今時点で分っている「名古屋基点」万博会場までの公共交通アクセス方法を一覧してみます。(3/6変更)
(愛知県外の方は、「名古屋」まで行く方法を自分で検討してください)

基本のアクセス方法
市営地下鉄東山線 藤が丘駅⇒リニモ(万博会場駅)
 混むのを覚悟してまで乗る価値があるのか、だんだん疑問に思ってきました。
 平日以外は、まず避けたい方が無難…。
 料金:名古屋~藤が丘 290円
    リニモ 会場まで 340円 計630円
 所要時間:藤が丘~万博会場駅 約12分
      万博八草~万博会場駅 約3分

「エキスポシャトル」JR中央線+愛知環状鉄道
 料金 名古屋駅-八草780円
 地元としてはJRが「あの愛環」の線路に乗り入れるなんて!衝撃的でした。万博ってスゴイと実感したものです。
 快速は名古屋・金山・鶴舞・千種・大曽根・高蔵寺に止まります。
 中央線を使う人には便利な方法ですね。
 八草駅で降り、長久手会場ゲートにはシャトルバスかリニモ(160円)に乗り換えて一駅先に行くか、
 瀬戸会場にはシャトルバスで行くことになります。
 名古屋駅から乗る人には、乗換えがある分メンドクサイかもしれない。

名古屋駅から直通シャトルバス
 名古屋駅(名鉄バスセンター)から直通35分で会場に行けます。
 料金は大人千円
 リニモで待つこと考えたら、こっちの方がオススメです。

■その他…名古屋基点としたら、大回りな方法てすが、参考で…
名鉄瀬戸線 栄町駅→尾張瀬戸駅→直通シャトルバス
 瀬戸線が昔「お堀り電車」と呼ばれていたことに興味のある人は面白いかもしれない。

市営地下鉄鶴舞線→名鉄 黒笹駅→直通シャトルバス

■基本以外→臨時運行シャトルバス
藤が丘駅から臨時シャトルバス
 混雑日にリニモの混雑緩和のため、往路(会場行き)のみ臨時運行
運行日:
・ゴールデンウイーク(4/29-5/5 *5/2除く)
・お盆(8/13-8/15)
・閉幕前の土、日曜、祝日の10日間
料金:リニモと同じ大人340円。
 乗り場は、藤が丘駅から徒歩4分離れた地下鉄の工場(車庫)からだそうです。
 (12/21朝日新聞12/23読売新聞

栄周辺ホテル宿泊者対象の会場行きバス
 栄発シャトルバスがなくなったので、土日の混雑時のみ運行させようか、ホテルと旅行会社が連携して検討中

■徒歩又は自転車
 これこそ環境に優しく、健康も良い方法(笑)

今のところ、これだけかな。

万博会場直行バス 

 万博会場に日帰りで行ける範囲の都市からは、直行バスが予定されています。
 その一覧です

▼東海地区
「愛知県」
豊橋駅→東名豊川→会場(予約制/毎日3往復運行):豊橋鉄道
岡崎→会場(予約制/毎日運行):名鉄東部観光バス
蒲郡→会場(予約制/毎日運行):名鉄東部観光バス
・一宮市
・犬山市

「岐阜県」
岐阜市→各務原市→美濃市→関市→会場 (毎日運行):岐阜バス
美濃太田→可児市→花フェスタ会場→会場(予約制/毎日運行):東濃バス
中津川→恵那→瑞浪→土岐→会場(予約制/毎日運行):東濃バス
古川駅→高山駅→下呂駅→会場(往復完全予約制)/運行:濃飛バス
大垣→岐阜羽島→会場(毎日運行/予約制):名阪近鉄バス

「三重県」
・伊勢市→四日市市→津市→桑名市

「静岡県」
磐田市→浜松市→三ケ日→会場(予約制)(遠州鉄道)
浜松→会場直行(入場券付き・予約制)(バンビツアー)
グランドホテル浜松発→会場(予約制):ラビット急行
舘山寺温泉→会場直行(遠州鉄道)
・御殿場市
・掛川市

・長野県/辰野町
・福井県/京福バスターミナル
・石川県/金沢市

▼関西方面
天王寺→なんば→梅田…会場(予約制・土日祝に運行):近鉄観光
★奈良県各地:奈良交通
奈良・天理ルート(予約制・毎日運行)
生駒・学園前ルート(予約制・毎日運行)
葛城・八木・榛原ルート(予約制・毎日運行)
五位堂・王寺ルート(予約制・土日祝に運行)
宇治→大久保→JR松井山手→京阪くずは…会場(予約制/毎日運行):京阪宇治バス
・大阪南港
・東大阪市
・京田辺市

「滋賀県」
・大津市→彦根市

「岡山県」
倉敷→岡山 (車中泊/予約制):両備バス

「国際博覧会」と「国際園芸博覧会」 

 ぼくが国際博覧会条約について調べようと思ったのは、
 「大阪花博」はBIE認定国際博なのに、「浜名湖花博」は国際博とは違うの?
 という疑問からでした。

国際博覧会(万博)
 国際博覧会協会(BIE)により国際博覧会条約に基づいて認定されることで正式に開催できます。

国際園芸博覧会
 国際園芸家協会(AIPH)が認定する、園芸に関連した国際的な博覧会です。
 花や緑、園芸などをテーマにした博覧会は、BIEではなく、AIPHの認定があれば開催できます。
 日本では、「国際花と緑の博覧会(大阪)/1990」「ジャパンフローラ2000(淡路)」 去年には「パシフィックフローラ2004(通称:浜名湖花博)」が開催されました。

☆AIPHが定める国際園芸博覧会の分類
・A類1:会期3週間以上6ヶ月未満の大規模な国際園芸博
・A類2:会期3週間未満の国際園芸博
・A類3:特定分野の国際園芸博(専門展示会)
・B類1:国内園芸博(総合的なもの)
・B類2:国内専門展示会

 上記3つの花博はA類1になります。

★つまり、「国際博覧会」と「国際園芸博覧会」は異なる国際機関の承認によって開催される博覧会ということです。

国際花と緑の博覧会の場合
 国際博覧会条約 第4条Bに
 「AIPHが承認したA類1の園芸博覧会(異なる国において開催される場合は2年以上、同一の国において開催される場合は10年以上の間隔をおいたもの)は、(BIEで承認した)二つの登録博覧会の間で開催することを認定できるものとする」
 とあり、
 国際花と緑の博覧会は、これによってBIE認定の国際博として開催されました。

★ぼくの疑問の結論としては→大阪花博も浜名湖花博もAIPH認定の国際園芸博覧会ではあるけど、ただ大阪花博はBIEの認定も受けている。
 ということでしょうか。



参考書籍:国際博覧会歴史事典/平野繁臣

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。