スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうやって行こう? 愛・地球博 

 ぼくは名古屋市の一番東にある名東区に住んでいます。地図で見れば万博会場はわりと近くにあります。
 そんなぼくが愛・地球博に行くには、
 地下鉄東山線で藤が丘駅 → リニモで万博会場
 という経路で行くことになります。

 でもですね、
 万博PRのパンフレットに、こんな注意書きが…

『※土日祝日および閉幕前は、藤が丘駅での乗り換えは、混雑が予想されますので別のルートをご利用ください

 この一文を発見した時は、ちょっとビックリ。
 をいをいっ。
 開幕する前から、すでに混雑ピークには「乗りきりない」という予想がたっているのって、どうなのよ?
 けっきょく、会場まではシャトルバスがメインになってしまうのでしょうか…

 ぼくとしては、せっかくリニモがあるのに、シャトルバス乗るなんて、なんとなくしゃくというか、ツマラナイ気がします。
 ならば、意地でもリニモで通うか、
 それとも藤が丘駅に原チャリを置いておこうか、などと思案してます。

戻るこのブログTOPへ

スポンサーサイト

どこでやるの? 愛・地球博 

 会場は名古屋市のお隣、長久手町と瀬戸市にあります。

 メインの「長久手会場」は、県営公園の「青少年公園」を造り替えました。

 長久手といえば、歴史でチラっと習った『長久手の合戦』で記憶にあるでしょうか?
 はい。その古戦場跡が会場近くにあります。

戻るこのブログTOPへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。