スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがとう 愛・地球博 

 本屋で、こんな本を見つけました。

ありがとう 愛・地球博

 愛・地球博の185日間に、来場者に、スタッフに、愛・地球博のいろいろに「ありがとう」
 というメッセージと写真の本です。

 ぼくは、愛・地球博での仕事。そして、このブログとBBSで「ありがとう」の言葉が大好きになりました。

 またみなさんに言ってもいいですか?

 みなさん。このブログとBBSを見てくださって、ありがとうございます!

スポンサーサイト

トラックバックのテストー 

 私用ですみません。

 ぼくが利用している「関心空間」にトラックバックの機能がついたので、ちょっとテストさせていただきます。

 「関心空間」とは…自分の好きなもの、興味あるものを紹介したり感想を書いたり、ネット上に自分の空間が持てるサイトです。
 同じ空間、似た空間に「つながる」ことができたり、コメントを書き込んだりできるのが、一番面白いところです。
 人気がでて機能がぐっと増えたので、もうブログの一種かもしれないです。
 …ブログは興味あるけど、日記はいつも3日坊主の性質だし、なんかブログってよくわかんないし…
 でもネットで自分の趣味を公表してみたい……という人にオススメです。

くんぷうの関心空間

▼こちらもオススメ…くんぷうの「つながる読書空間」

万博イヤー メリークリスマス 

愛・地球博があった今年に
 愛・地球博を開催した地元・愛知県に
  愛・地球博を存分に楽しんだみなさんに

 そして、愛・地球博を今でも、これからも「それなり」に楽しんでいるみなさんに

 というか、このブログ&続BBSを読んでくださっているみなさんに

 メリークリスマス!!

P.S. 名古屋近郊のみなさんへ
 今日の地震はビックリしましたね。大雪と合わせて、怪我や事故などありませんでしたか?
 うちの団地はエレベーターが止まりました。
 エレベーターのメンテナンス業者さん、がんばってください。

長久手町万博消防署 

 くんぷうの「愛・地球博の思い出」

 とくに理由はないんですが、くんぷうは消防車が好きなんです。
 火事災害事故…あらゆるケースに対応する目的のために作られ、あらゆる機能を準備万端に備えている特殊で特別な車。という雰囲気に惹かれるのかもしれません。
 そんなぼくが万博スタッフとして会場に通う中で、万博消防署の前を通ることは楽しみのひとつでした。

 長久手会場のコモン5の下には、博覧会協会の管理棟があったんですが、そこに長久手万博消防署がありました。
 スタッフ関係者のゲートから歩き管理棟に入る入り口と並んで、消防署の車庫がありました。
 車庫にはポンプ車はもちろん、はしご車、指揮車、救急車、救助工作作業…
 派出所クラスじゃなく、消防署クラスの消防車が勢ぞろいしていて、とても頼もしくて、かっこいい~と思ってました。

 幸いにも期間中に消防車が活躍するのは主に消防のデモンストレーションの時だけでしたが、
 消防士さんは防災設備の保全チェックや、万が一のために救助避難進路の確認のためにパビリオンをまわっているのを何度も見かけましたね。
 そんな万全の対策があったからこそ、愛・地球博が成り立っていたのではないかと思います。

 万博会場でなくても、街を守っている消防車、消防士さん。
 これからも、がんばってください!

~関連サイト~
シグナル オフィシャル サプライヤーズ HP
 消防リポート/長久手町万博消防署

長久手町HP 万博消防署

来春のくんぷう 

 ご報告いたします。
 このたび、ぼくは社会人入試で大学を受験しまして、運よく合格することができました。
 なんと、ぼくは来春から大学生になるわけなんです。
 1年前の自分は考えもしなかった進路なので、自分自身でビックリしています。

社会人入試…社会人向けの入試で、選考方法は主に書類審査や面接、小論文などで、社会人としての経験と入学後の勉学への熱意が問われます。
 高卒の資格を持ち、一定年数以上の社会人経験があることが、受験資格の条件です。

 学生時代のぼくは勉強することが苦手で、社会にでてから必要だと思った時に勉強すればいいやと思っていたので、商業科の高校を卒業してすぐに就職しました。
 それから数年。
 いろんな趣味…ひとり旅、読書、物語書きなど…を広げていくうちに、もっと勉強しておけばよかったなーと思うことが多くなってきました。
 なんだか、今なら興味をもって勉強に向かえるんじゃないか!と思えるようになったんですね。
 万博の仕事を終えて、これから何をしようか思いつかないでいるところでもあったので、思い切って受験してみました。

 正直…ずっと勉強の現役だった学生さんたちの中で、どこまでついていけるか不安はありますが…。
 好きこそものの上手なれ。
 楽しんでいけたらいいなと思っています。

「サツキとメイの家のつくり方」買いました~ 

 「サツキとメイの家のつくり方」
 ばあばサンをはじめとして、いろんな方に教えていただき、おかげさまで手に入れることができました。
 ありがとうございました~!

 この本に載っている、家が建つまでのレポートは、万博開催前に読売新聞のサイトで連載していた「サツキとメイの家 建設中」をまとめたものなんですね。
 ぼくは、このサイトのファンだったんです。いつのまにか消えてしまって寂しかったんですが、書籍として手元に残すことができて嬉しいです。

 思っていたより、家のあちこちの写真が多く載っていて嬉しいです。

 この本を片手に「となりのトトロ」を観直してみようかなー。と思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。