スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛・地球博に行ってきました~ 

 4月18日。愛・地球博が開催して25日目にしてようやく行くことができました。
 これでぼくは「愛・地球博をそれなりに楽しんでいる人」に昇格できたのかな?(笑)

 というわけでレポートです。
 ちなみに、ぼくは行き当たりばったりで行動するタイプです。
 写真を撮ってこれなかったので、文章だけで失礼します。

16:45 長久手会場 北ゲート到着 藤が丘からリニモに乗って愛・地球博会場へ!
 (リニモは普通に座れました)
 ゲートの前では夜間入場券(17時から入場)の人は並んでいましたが、ぼくは全期間入場券なのでそのまま入場ゲートへ。
 空港のような金属探知機のアーチをくぐり、いざ会場へ踏み入れる。

17:00 夢みる山「めざめの箱舟」整理券ゲット
 とりあえず一番に観たかった「めざめの箱舟」に行ってみる。
 すると、15時から配布している整理券がまだ配っていて、18時の回のスロープ観覧整理券をもらえました。

17:10~ グローバルコモン1をフラリ
 ぶらり行き当たりばったりの旅。
 箱舟の時間までに企業パビリオンを見るには時間がないので、コモン1(アジアの国々)をめぐってみることにしました。
 イラン館、インド館…とパビリオンの外観を観ながら奥へ。
 横浜中華街の店で肉まんを食べる。
 なんとなく入ったスリランカ館。フードコーナーで、ロイヤルミルクティーを淹れるおじさんの大胆な技に驚き見る。
 韓国館。「白-光のBOX」という展示がとても好きでした。
 韓国の紙でつくられた、やわらかな明かりの空間が素敵です。
 なんとなく日本の文化に似ていると思いました。日本文化のルーツは朝鮮半島にあるのかな~と感じました。

17:45 遠くに愛・地球博広場を見ながら
 コモン1の前はちょうど「愛・地球博広場」の正面です。
 トワイライトイベントがやっていました。
 ここからだとステージは遠くて、ダンサーが小さく見えましたが、音楽はちゃんと聴こえるし、スクリーンもよく見えるので、オペラグラスを持っていれば、良い場所だなと思いました。

17:50 ふたたび夢みる山へ
 箱舟の18時の回は、まだ並んでいなかったので、シャチハタのブースをのぞいてみました。
 すると、なんとキャイーンの二人が取材に来ていました。
 彼らはシャチハタのアテンダントさん数人といっしょに映像を観ていました。
 でも、ぼく特に彼らのファンではなかったので、へぇ~と思っただけでしたが。

18:00 そして「めざめの箱舟」観覧
 らせん状のスロープをのぼり、上から観るかんじでした。
 (福岡県の門司にある「海峡ドラマシップ」という観光シアターを思い出す)
 15分間の映像はあっというまでした。
 ぼくが見たイメージですが、
 ぼく達は「水」になり、まず水蒸気になり空をのぼり、やがて雨となり海をつくる。そして海では生命を育んでいく…
 というストーリーなのかなと思いました。
 でも、あれ?これで終わっちゃうの? と、少し物足りなさをカンジました…

18:20 「NGKウォーターラボ」観覧
 本当はもう帰るつもりでしたが、前を通ってみると5分で入れるというので、入ってみることにしました。
 並ぶと立体映像用のメガネを渡されました。
 メガネは青いブラスチックで、大きなトンボの目のようなカタチ。
 なぜだか、お客さんはみんなそのメガネをおでこに置いているのが笑えました。
 だって、まるで「ど根性がえるのヒロシ」みたいで、面白い光景でした。
 「ウォーターラボ」→めざめの箱舟を観た後たっただけに、わかりやすくて楽しめました。
 ぼくは右はじの席に座ってしまったので、ダイヤモンドダストの装置がまったく見えなかったことだけが残念でした。

19:00 そして帰ります
 北ゲートは行きの時より多くの人がいたので、もしやリニモは待たされるのかとドギトキしましたが、意外にすぐに乗れました。

★あまり長くはいれませんでしたが、とにかく初めて行けたというだけで嬉しかったです。

★帰ってから公式HPを見たら、この日の入場者数は8万人だったと知って驚きました。
 たしかに人は多いなとは思いましたが、そんなに混んでいる印象はなかったんです。
 外国館は全然並ばずに入れましたしね。
 これなら(平日の)夕方から入ってもけっこうまわれそうですね。

 よしっ。そういうことなら、ぼくは「企業パビリオンをひとつくらい観たら、あとはグローバルコモンをまわる」というスタイルで、愛・地球博を楽しんでいこうと思います。

スポンサーサイト

コメント

おお!

くんぷうさん、こんにちは。
行ってきたのですね。
スリランカ館のミルクティー、テレビで見たのですが、すごい技ですよね。
一度生で見てみたい!そしてそのお茶を飲みたい!
また行くのですね。
レポ待ってます。

行ったのですね

行ってきたのですね。
ここ最近なんかばたばたして余裕なくしている感じです。
GWはほとんど万博会場にいるかと思います。
最低。月1、」万博通い実行中のWAKAでした。

全期間ならではの楽しみ方ですね。

めざめの方舟。文章に起こしてみると、そういう流れだったような気がして来ました。
自分は、アリーナでしか見てないので、スロープも見てみようと思います。

はじめまして

以前から拝見させて頂いてました。
ちょっと気になりましたのでコメントさせて頂きます。
「夜間割引入場券」で行こうと思ってますが
「並んでた」と書かれてますが、どれくらいの方が並んでいましたか?
そんなにいないだろうと思ってたのですが・・・(^^;

遼さん>すっごいですよ(笑)
ぼくも次に行ったら飲んでみたいと思ってます。350円でしたよ~

WAKAさん>それでは会場のどこかですれ違っているかもしれないですね(笑)
ボランティアさんにはお世話になってます。

愛知万部郎さん>ぼくはスロープの方が全体を見渡せるので、いいなと思いました。

麻結>はじめまして~
 その時はざっと見て30人くらい並んでいたと思います。夜間入場はオススメですね

30人程だったのですね。
日によって誤差はあるかと思いますが
ちょっと安心しました。
ありがとうございました。

麻結さん>
そうか。すみません
「並んでいた」というより「待っていた」と書くべきでした。
すぐに入れそうでしたよ~

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://greensky.blog2.fc2.com/tb.php/116-aca2819f

愛・地球博(愛知万博)めざめの箱舟“百禽”編見て来ました

押井守監督プロデュース、愛・地球博のパビリオン夢みる山のテーマシアター「めざめの箱舟」の映像が、魚をテーマとした“?鰉(しょうほう)”から鳥をテーマとした“百禽(ひゃっきん)”に変わったということで、早速見に行って来ました。13時ごろ夢みる山に到着。整理券配

  • [2005/05/29 17:53]
  • URL |
  • 癒しの御宅 |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。