スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

万博会場アクセス方法 雑感① 

 名古屋市の郊外に位置している万博会場のアクセス方法について思ったことです

自転車と原付について
 前に「どうやっていこう?」にて、会場まで原チャリで行こうか考えている、と書きましたが、
 万博公式HPをよく読んでみたところ、
 長久手会場のメインゲートと西ゲート、瀬戸会場ゲートのそれぞれに無料の駐輪場があり、自転車の原付(50cc以下)は、そこにとめるように。という一文を見つけました。
 原チャリで行くことが規制されるのかと勘違いしちゃってたのですが、納得しました。
 おそらくメインゲート付近は、駅や駐車場からのシャトルバスが多く行き交い、道路での規制と誘導があると予想しているので、ぼくは主に西ゲートから入ろうかと考えています。

栄発シャトルバスは無い??
 万博公式HPの公式発表11/25「愛・地球博に係る場外輸送対策について」を読んで知ったのですが、
 栄から出るシャトルバスは無くしてしまったんですね。驚きました。
 栄は名古屋の中心街です。
 名古屋港や名古屋城、東山公園など、名古屋の観光地にアクセスしやすい場所で、
 女性も泊まりやすいカジュアルなビジネスホテルが多く建っている場所なので、
 当然ここからもシャトルバスが出るものだと思ってたので、意外でした。

戻るこのブログTOPへ
スポンサーサイト

コメント

おお!、原付も置ける駐輪場ができるんですね、これは地元の人には朗報ですね。

会場までは原チャリでっ

 ぼくは原付購入を真剣に考えはじめています(笑)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://greensky.blog2.fc2.com/tb.php/18-996e108a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。