スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リニアエクスプレス2005@名古屋 

 1/10に名古屋市内・栄オアシス21でやっていた「リニアエクスプレス2005」に行ってきました~。
 オアシス21は屋根はあるけど屋外です。行ったのが16時頃だったんで寒かったのなんの。もっと暖かい格好をしていけばよかった~
 というわけでリポートです。

リニアエクスプレス2005 名古屋会場
 …JR東海が「中央新幹線の計画」と万博パビリオン「超電導リニア館」をPRするイベントです

←会場全景
 暗くて分りにくくてスミマセン(ホント写真ヘタだなぁ。トホホ/泣)
 奥にある四角い簡易テントの中ではスクリーンが置かれて、映像によるPRと、簡単な○×クイズのイベントをやっていました。
 手前左で、超電導浮上走行のデモンストレーションとして、リニアの模型が走っていました。

メインイベント
 立体メガネをかけて見る立体映像で「世界最高速度のリニアーモーターカー」の映像。
 その後に、万博パビリオン「超電導リニア館」のPR映像を見ました。
 山梨の実験施設で撮影されたリニアの走行映像はカッコよくて、イベントに来ていたチビっこ達に大人気でした。
 リニアモーターカーの最高速度は「581km/h」だ! ってことが、よく分かりました。
 それから、簡単な○×クイズが5問出題されて、正解した人はリニアモーターカーのストラップをもらってましたよ。

 ちなみにクイズはこんなでした↓
Q1.愛知万博の「超電導リニア館」では、世界最高速度(ギネス認定)を記録した車両が展示される?
Q2.走行中のリニアモーターカーは10cm浮上している?
Q3.山梨にあるリニアの実験線では、リニアの体験試乗ができますが。そこで試乗したことある人は5万人いる?
Q4.「超電導リニア館」の3Dシアターの大型スクリーンのサイズは、タテ10mヨコ18mである?
Q5.リニアモーターカーには運転手は乗っていない?
 ⇒答えは下の方に書きますね

リニアモーターカー模型


▼今日のモリゾーとキッコロ
 なにげに、ぼくにとってモリゾー達との初めての出会いとなりました。
 モリゾーは思っていたより子供達に大人気でした~。
 会場の近くを通りかかった親子さんも「あ、あそこにモリゾーが来てるよっっ」と、駆け寄ってました。
 モリゾー…後姿になると「オバQ」ソックリでした(そう見えるのは、ぼくが藤子不二夫ファンだからかしらん?)

もらってきたパンフレット


★リニア館とリニアモーターカーのことがよくわかって面白かったです。
 でも一番に嬉しかったのモリゾーとキッコロに出会えたことかも。
 それだけで寒さに耐えながら見学した甲斐がありましたっ。


~リニア関連サイト~
リニアエキスプレスHP
 JR東海 リニアの公式HP
 試乗会にのこともココです。

超電導リニア館HP


 ↓さてクイズの答えは?


Q1→○
Q2→○ 地盤の弱い日本において、安全性が高くなっています。
Q3→× すでに8万人が試乗しているそうです
Q4→○ 臨場感あふれる音響を用いて、3Dによる迫力ある映像が楽しめます
Q5→○ これ知らなかったんでスゴク驚きました。運転手さん乗ってないんだ~。実験施設の司令室から遠隔操作しているそうですよ。へぇ~!
スポンサーサイト

コメント

クイズは勉強になりますね。

確かに遠隔操作ってのは驚きです。

プレイベントなのに立体メガネとは気合のほどが伺えますね~。模型もちゃんと浮いてるところがイイですね。

愛知万部郎さん>ほんとう勉強になりました。行ってよかったです。

likethatさん>実際に大きな車両が浮き上がるのも見てみたいです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://greensky.blog2.fc2.com/tb.php/47-434850cd

2005.01.10「リニアエクスプレス2005」@オアシス21

JR東海超伝導リニア館のPRイベント「リニアエクスプレス2005」。ちょっと見てきたのだが吹き抜ける風のせいでめちゃくちゃ寒かった。子供が結構いて盛況だったのは乗り物好きの目を輝かせたリニアの展示の本領でありモリゾー&キッコロの人気でもあり。

▼JR東海 超電導リニア館

☆トラックバックありがとうございま~す! 愛・地球博の同じ話題でつながって盛り上がりましょう~!

  • [2005/01/11 16:35]
  • URL |
  • 「愛・地球博」話題別トラックバック |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。