スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

万博村がやってくるっ 

 うちの家族は名古屋市内の公団住宅の団地に住んでいます。
 このたび、うちの団地の新しい棟と、となりの県営住宅の一棟に、愛知万博で働くことになる外国人の方が入居されることになりました。
 他の万博では会場の近くに万博村をつくって、まとめて住んでもらうものらしいですが、愛知万博の場合は愛知県内(主に名古屋市内かな)に分散して住んでもらうのだそうです。
 ちなみにうちのお隣さん(?)になる外国の方は、ロシア、オーストラリア、ドイツ、イタリアなどなど、色んな国の人なのだそうです。
 町内の自治会の役員をやってる母の話では、
 1月末にレンタル家具が入り、2月から外国のかたがたが入居される予定で、通訳の方が2名ほど近くに常駐して外国人の方の生活面のサポートや、近隣住民との対応をする、
 と、博覧会協会の担当の方から説明をうけたそうです。

 自分には直接は関係ないかなと、他人事のように思ってますが、来月にどんな人たちが来るのか楽しみです。

関連新聞記事
 万博村 お隣さん 04/11/7朝日新聞

スポンサーサイト

コメント

新しい試みですよね。

実際に本当にお隣さんになる方がいるとは!
新しい試みが何を生むか、注目してます。

お隣さんになります

愛知万部郎さん>新しい試みというか、しかたなくというカンジな気もしますが…(苦笑)住民としては博覧会協会と自治体の対応に注目です。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://greensky.blog2.fc2.com/tb.php/49-6fcbcb5b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。