スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「国際博覧会」と「国際園芸博覧会」 

 ぼくが国際博覧会条約について調べようと思ったのは、
 「大阪花博」はBIE認定国際博なのに、「浜名湖花博」は国際博とは違うの?
 という疑問からでした。

国際博覧会(万博)
 国際博覧会協会(BIE)により国際博覧会条約に基づいて認定されることで正式に開催できます。

国際園芸博覧会
 国際園芸家協会(AIPH)が認定する、園芸に関連した国際的な博覧会です。
 花や緑、園芸などをテーマにした博覧会は、BIEではなく、AIPHの認定があれば開催できます。
 日本では、「国際花と緑の博覧会(大阪)/1990」「ジャパンフローラ2000(淡路)」 去年には「パシフィックフローラ2004(通称:浜名湖花博)」が開催されました。

☆AIPHが定める国際園芸博覧会の分類
・A類1:会期3週間以上6ヶ月未満の大規模な国際園芸博
・A類2:会期3週間未満の国際園芸博
・A類3:特定分野の国際園芸博(専門展示会)
・B類1:国内園芸博(総合的なもの)
・B類2:国内専門展示会

 上記3つの花博はA類1になります。

★つまり、「国際博覧会」と「国際園芸博覧会」は異なる国際機関の承認によって開催される博覧会ということです。

国際花と緑の博覧会の場合
 国際博覧会条約 第4条Bに
 「AIPHが承認したA類1の園芸博覧会(異なる国において開催される場合は2年以上、同一の国において開催される場合は10年以上の間隔をおいたもの)は、(BIEで承認した)二つの登録博覧会の間で開催することを認定できるものとする」
 とあり、
 国際花と緑の博覧会は、これによってBIE認定の国際博として開催されました。

★ぼくの疑問の結論としては→大阪花博も浜名湖花博もAIPH認定の国際園芸博覧会ではあるけど、ただ大阪花博はBIEの認定も受けている。
 ということでしょうか。



参考書籍:国際博覧会歴史事典/平野繁臣
スポンサーサイト

コメント

そうだと思いますー

浜名湖花博と淡路花博はA2で、花の万博はA1のようです。

確かに花の万博だけは、BIEから特別博として認められています。自分も最近知ったのですが、BIEのページではHorticultural Exhibitionsとして別項になってました。

私個人の意見としては、餅は餅屋なので、園芸家協会に認められた国際園芸博なら、充分国際的な博覧会だと言っても過言ではないと思いますよ。(・∀・)ノ

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://greensky.blog2.fc2.com/tb.php/56-ec035ddd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。