スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHK「愛・地球博がやってくる」 

 2/25放送にNHKでほぼ一日やっていた愛・地球博の紹介番組。
 「愛・地球博がやってくる」
 ビデオ録画していたのを、やっと(倍速で)見ました。
 一気に見るのはタイヘンでした。

 夕方の部でナレーションしていた森本レオさんの微妙な名古屋弁が好きでした(笑)
 名古屋弁は、~だでかんわ。~だがね。とか、わりと荒っぽく聞こえる気がするんですが、あんなに優しくて礼儀正しい印象の名古屋弁をはじめて聞きました!発見です。

 ダラダラと感想を書きます。
 パビリオンの紹介…
「大地の塔」完成した万華鏡に見とれるフミヤが、すごく嬉しそうに見えたのがよかったです。見てあげたいです。
「外国館」オーストラリア館の巨大カモノハシに乗ってみたい。
「長久手日本館」浜名湖花博のカンサイスーパーカーデンみたい?(かなり違います)
「瀬戸・市民パビリオン」ピンクの人たちが目立ちすぎですよ。ぼくにはKABAちゃんに見えました。
「サツキとメイの家」五右衛門風呂に水を入れてみてもいいんですか?

 この番組を見て、
 斬新で未来的なデザインで都市的に会場だった大阪万博で、その未来に開催される愛・地球博は対照的に森の中にあって自然をテーマにしているというのが面白いなと改めて思いました。
 人間の未来予想図は時代とともに変わっていくのですね。

 愛・地球博に行って、どんな思いを持って帰ってこれるのか。行ってみて知りたいと思います。

スポンサーサイト

コメント

巨大カモノハシ

あのシーン?自分も印象的でした。確かに乗りたいですね(*´∀`)

カモノハシ!

子供たちにまじって乗ってみたいと思います(決意)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://greensky.blog2.fc2.com/tb.php/95-06159db2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。