スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんなガイドMAPが欲しかったの! 

 パビリオンの内容について読み込むならば、なんといっても「公式ガイドブック」は買いです。
 でも、これはパビリオンやショップの配置、トイレやエレベーターなどの施設の位置などを表示した、具体的な地図がないので、実際に会場を歩くには不十分かなと思います。
 パビリオンの内容は、ある程度はネットで調べられるけど、会場に足を運ぶに必要な「地図」が手元になければ具体的な計画がたてられませんから。

 そんなぼくが、本屋さんに行って、ひとめぼれしたのがこれです↓
DSC00896.jpg
TokaiWaiker 愛知万博&名古屋新名所MAP2005

↓エリアごとに拡大した地図は分りやすいです 
DSC00897.jpg DSC00898.jpg

 場内交通の乗り場の位置がわかる。
 ショップやレストランの配置もわかる。
 トイレやエレベーター、エスカレーターまで記してある。
 ぼくが本当に求めていた情報はこれなんです。
 見つけた瞬間、すんごく嬉しくて、思わず衝動買いです。

 でも、ちょっと待って…
 これは名古屋周辺の観光ガイドも兼ねているし、A4サイズでちょっと会場に持って行くには大きいかもしれない。
 そう思う人には、公式ガイドブックを編集した「ぴあ
」が発売する「万博 ミニMAP」が、もうすぐ発売なので、これを待っていた方がいいかもしれない…?
 ぼくは、こっちも買うと思いますので、見比べて感想書きますね。
 しばし、待っててください。

スポンサーサイト

コメント

すごく参考になります!

自分もぴあの買いたい!と思ってたんですが、くんぷうさんのブックレビュー、すごく参考になります。ありがとうございます。

 どうもです。
 ぴあの「ミニMAP」はやく出ないかな~、と待ちわびてます。

あ、いいな~

こんばんは。TBさせていただきました。今後ともよろしくお願いします^^
私の買った昭文社のMAPは、ちょっとハズし気味でした。TokaiWaikerということこは、東海限定発売でしょうねー。今度名古屋入りしたときにぜひ買います!

森以蔵さん>TBありがとうございます。
 ちなみに、ぴあの「ミニMAP」が3/18発売です。
 ところで、その名前は…(笑い飯?)

買いました!

再びTBさせていただきました。
ぴあの「ミニMAP」買いましたよ!

>ところで、その名前は…(笑い飯?)

 わわ、すみません、わかりません(^_^;)
 笑い飯のなんかに似てますか?

 とりあえず、モリゾー師匠のゴロと、
 有名なレアもの焼酎の名前から頂いてますです。

森以蔵さん>
「万博だがね」という番組で笑い飯が「モリゾーの絵を描け」と言うお題で「森以蔵の酒瓶」を描いていたんです(笑)
 それをご覧になったのかと思ってしまいました。失礼しました。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://greensky.blog2.fc2.com/tb.php/97-69675768

地球博 うちのガイドブックは これにしよ!

盛り上がってきました、地球博。 名古屋って中部国際空港 | セントレア や LACHIC ラシック など ニュースポット 目白押し! 各種 ガイドが発売されています。 いろいろ 物色してきました。ケガする前ですけどね~。とほほ。 比較したところ web KADOKAWA 東海ウォーカ

  • [2005/03/20 16:56]
  • URL |
  • レンガのまいHOME |
  • TOP ▲

愛知万博ぴあ&万博ぴあMAPハンディ

本日発売!「愛知万博ぴあ」と、そのミニ版「万博ぴあMAPハンディ」両方買ってどーする<オレいやー、しかし「愛知万博アクセスマップ」では、出来にかなり不満だった会場全体のイラストマップ。さすがわ、都市エリアMAPの草分け「ぴあ」です。今回の2冊はバッチシ

  • [2005/03/19 00:14]
  • URL |
  • モリゾーの眼 |
  • TOP ▲

愛知万博アクセスマップ

昭文社発行の「愛知万博アクセスマップ」。びらーっと広げて見るホントの一枚地図です。内面は以下のような会場マップ。外面は名古屋周辺の交通アクセスマップになってます。でもねー、肝心の会場マップのほうが、今ひとつ大ザッパ。う~ん。この会社、都市地図の老舗だけに

  • [2005/03/10 22:39]
  • URL |
  • モリゾーの眼 |
  • TOP ▲

TokaiWaiker 愛知万博&名古屋新名所MAP2005

公式ガイドブックが出て、 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4835607082/sfsciencebook-22/ 僕も早速ぺらぺらめくってパビリオンをチェックしてるわけですが、 そちらよりも、むしろぴあのガイドブックのほうがいいかもしれないと、 愛・地球博をそれなりに楽しみ.

  • [2005/03/06 13:16]
  • URL |
  • 愛・地球博(愛知万博) 関連情報 |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。